スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光カップ 対妻田ブルーフォックス

三田フレンズA 対 妻田ブルーフォックス
------------------------------------------------

4月17日(日)
  試合開始9:00~10:04 三田フレンズ球場

試合結果 /  7-4 先攻

      1  2  3 4    
三田A  3 3 1 0 
妻田   1 0 3 0 


[投手]
(先発3回)笹生はると
打者15・奪三振4・安打2・四球0・死球2・投球数50・暴投1・失点4・自責点2
(1回森島あつし
打者5・奪三振2・安打0・四死球0・投球数8・暴投1・失点0

【打順(学年)/守備】

1.小森りく(4)/三
 →平井だいき(4)/左
2.谷澤かずと(4)/遊撃
3.森島あつし(4)/捕手→投手
4.笹生はると(4)/投手→五
5.中村たいそん(4)/一
6.西村がく(3)/右→捕手 
7.小野かんた(3)/中 
8.松井かいき(4)/二
9.鈴木ほまれ(4)/左→右

先制点①
【初回】 一番打者の陸、センター前ヒットで出塁後、盗塁2個でサードへ。敦のファーストゴロで生還。
②点目
さらに、敦、ファーストのエラーで1塁セーフ。また牽制球の失敗で2塁へ。3塁へは盗塁を決め、はるとのショートゴロで生還。
③点目
はると、ショートゴロで出塁、さらにエラーが続き2塁へ、たいそんのセンター前ヒットで生還。
たいそん、2この盗塁を決め、三塁まで進塁するも援護なく残塁。

④点目
【2回表】の攻撃。誉、四球を選び出塁、盗塁1、またもややってくれました”陸”セーフティーバント(もちろんサインなし)で誉3塁へ。かずとのセンター超え長打(2塁打)で生還。
⑤点目
セーフティーバントを成功させた陸、かずとの長打でホームまで一気に生還。GREAT☆☆☆
⑥点目
かずと、2塁から盗塁1、さらに相手捕手のパスボールを見逃さずホームへ。かずとの足!ぴか一☆☆☆

⑦点目
【3回表】たいそん、ショートゴロで出塁後、盗塁2つ決めサードへ、樂のサードゴロで生還。

【勝手にMVP】
小森陸・・ジュニア唯一の犠打王!今回も大成功でしたね。GREAT☆☆☆
中村太尊・・ブルフォのエースから唯一ヒットを打ちましたので、さすがです!また、いったん出塁したら、次へ次へ、ホームへという熱い思いが伝わってくるプレーをいつもありがとう☆☆☆太尊の走塁大好きです!


(感想)今回も手に汗握る試合展開となりました。
4回の表はきっちり0点で抑えられてしまっていたし、まだ守備がおぼつかなく、ちょっとしたエラーで2点3点入ってしまうこともあるし、敦が投手に代わってぼろぼろに打たれまくるんじゃないかという心配もあったし。
応援席の私と母の方がとても緊張しました。
終わってみれば、7対4なんて立派に勝ってみせてくれましたが、こんな感じで光カップが進むかと思うと、気が気ではありません。。。これで1軍なんかいったら、大変なんだろーなー。

【相手チーム分析】
妻田ブルーフォックスは本当にいいチームで、選手をしっかり作ってくるかんじ。2回途中からでてきたブルフォの投手には、フレンズ打戦一気に静まり返りました。彼からは1点しか取れていません。三振5個。四死球なしの好投。球速早い◎。コントロール◎彼は昨年も登板しましたが、コントロールがまだまだでした。まさかり投法みたいに体をぐいっと傾けて投げる変わった投げ方でした。その頃から球威があり、私が好きな選手でした。今年、投球フォームが変わり、基本的な投げ方をしていましたが、おかげで抜群のコントロールを手に入れたということでしょうか?また背番号が2ケタでした。もしや、1軍の試合も投げてる???
昨年のブルフォ戦の過去ブログはこちら→
スポンサーサイト

厚木市三田フレンズを選んだ訳

三田フレンズを選んだ訳

厚木市で数ある少年野球チームの中から、三田フレンズを選らんだのは、

1、持ちグラウンドがあること
2、監督、コーチ、代表の指導方針
3、夫の出身チームであること  です。

昨日、夫の友人が遊びに来て、こんなことを話してくれました。
彼は、少年野球(小学)→バレーボール(中学)→習志野高校野球部→日本体育大学野球部出身。
中学時代にはバレーボールで全中に出場し、習志野高校へはバレーボールの推薦で入学しましたが、「どうしてももう一度野球がしたくて、どうせやるなら名門校でやりたい!」という強い志があったようです。しかし、一度野球から離れた彼が、当時140人もいる名門校でレギュラーを取ることは難しいとわかっていたと思います。
けれど、「自分の意思で、厳しい練習で有名な野球部に入り、3年間続けたことが、今の自分の自信につながっている」と胸を張っていいます。

この話を聞いて母としての私は孟母三遷【もうぼさんせん】の話を思い出しました。
これは孟子の母が、息子に良い環境を与えるため3度引っ越したという故事に由来する故事成語です。
三田は家からは自転車で通える距離ではないのですが、選んで本当に良かったと思います。
なぜなら、環境がとても良いからです。
三田フレンズの監督・コーチは、「子供たちには、将来も長く野球を続けてもらいたい」と言います。私も、少年野球で燃え尽きないで、中学・高校とできれば続けてもらい、将来、また自分の子供と三田フレンズに還ってきてくれたらこれほど嬉しいことはありません。
また、三田フレンズの指導陣は、野球の技術面だけでなく、精神的な面についてもとても大切に考え、指導してくれています。例えば、大人や年上に対する礼儀や、仲間や年下への思いやりや配慮について、道具を大切にすることや、両親への感謝、などです。
そうした環境で息子が野球ができ、自分の親以外の野球大好き親父たちに怒られ、褒められることで、ぐんぐん成長していく姿を、私はとてもありがたく見守っている今日この頃です。

世界遺産の日本東照宮「陽明門」にもこの孟子母子の彫刻があります。
※習志野高校野球部(甲子園で2回全国制覇の名門)
 習志野高校野球部出身のプロ野球選手には、
 Mrタイガース掛布雅之や阿部慎之助の父(掛布選手と一緒に甲子園出場・4番捕手)、
 現役選手には福浦和也(千葉ロッテマリーンズ)や野口寿浩(横浜ベイスターズ)がいます。

スコアーブックのつけ方/記号

スコアーブックのつけ方/1.表記記号

三田フレンズでは独自の記号で、スコアーブックを付けています。

ブログでは公表できず残念ですが、ここでは一般的な表記について、

詳しく教えてくれているサイトをご案内します。

これから子供の試合を3倍楽しみたい!というかたは、ぜひスコアーをつけることをお勧めしたいと思います。

ぜひご覧ください。

☆草野球のためのスコアーブックのつけ方/記号一覧

URL:

http://www.h3.dion.ne.jp/~pitimi/score-book/etc/etc05.pdf

テーマ : 少年野球 - ジャンル : スポーツ

プロフィール

momomojikan

Author:momomojikan
厚木市三田フレンズJr.応援ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。