スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年に1度のお楽しみ「もちつき大会」

年に1度のお楽しみ☆今日は「もちつき」

12月19日(日)
今日は年に一度のお楽しみ☆フレンズ年末恒例行事☆もちつき大会でした。
朝から、グラウンドは、エプロン姿のお母さんたちでにぎわっています。
各自、野菜を切り、持ち寄り、でっかい鍋に入れて行きます。(トン汁)
昨夜から、水にもち米をつけ、今日は窯で焚きます。
餅つきも杵と臼を使って、子供たちは大喜びでした。
ついた餅は、お母さんたちによって、次々にあんころがまぶされます。
あんこ・きなこ・磯辺・ごま・大根おろし・みたらし。

お楽しみは、もちつきだけではありません。
今日は、
一軍VSコーチ陣の本気の一戦と
ジュニアチームVS母チームの一戦があるのです。
一軍VSコーチ戦は3-5でコーチ陣の勝利☆でした。
ジュニアVS母チームはお母さんたちが次々に打席に立ち、
とても盛り上がりました。

勝手にMVP☆
☆☆☆西村みお・・・2打席連続安打+αーさく越え1本 運動神経の良さが光ってます。
☆☆笹生ひろみ・・・ジュニアの誇るエースはるとからセンター前ヒット☆昼後の、母のバッティング練習でも、ずっとピッチングしてくれていました。
☆中村ゆきこ・・・キャッチャーの装備のまま、マウンドへ立ったたいそんから、みごとヒットを打つも、その後の走塁が光っていました。さすが、毎回スコアーをつけてるだけあるわねぇ・・・。

今日は朝から、お母さんたちお疲れさまでした。
とってもとっても楽しいひと時でした。



スーパー2年生は俺だ!!
第二弾
「俺より先にいたすごいやつ」


お待たせしました。
前回、スーパー2年生「西村がく」を紹介いたしましたが、
実は、がくの起爆剤になっている
フレンズのスーパー2年生を今回はご紹介します☆

小野かんた(投手・センター)
入団は年長さんの3月~(兄・フレンズ出身)
がくが入団したときには、すでに唯一1年生で練習試合に出場していた。

守備 ☆☆☆☆
走塁 ☆☆☆☆
打撃 ☆☆☆☆
センス☆☆☆☆☆
積極性☆☆☆☆☆
やんちゃ度200%

貫太のことを通商「とっかん小僧」とうちの旦那さんは呼んでいます。
「あいつはあのまま大きくしたい」とのこと。
貫太はとにかくのびのびしてて、怒られてもまったくくじけない。それがいいかんじにいいようにプレーにも生きてる。
走塁センス◎とにかくホームを狙う貪欲さ☆☆☆☆☆
先日の、練習試合では、セカンドを抜け、誰もが1塁進塁はしょうがないと
思ったヒットを、センターにいた貫太はファーストへ豪速球を返し、走者をアウトにし皆を驚かせた。
それは、「たまたま」ではなく、何度目かである。
守備範囲がとにかく広い。普通の子の倍以上の範囲の移動可能☆アフリカの野生動物?を思わせる。ワイルドっプリ。
そして、強肩。
コントロール好◎
いつでも全力投球。手を抜いたりできないタイプ。
貫太のプレーはなぜかすごいインパクトを与える。

投球中のかんたはとにかく楽しそうでハイテンション☆
緊張ってものがあるのか???
緊張が興奮に・・・?
夫の友人でも唯一、緊張=興奮になる人がいて、
そうゆう人はなかなかいないし、すごいらしい。
それに実力が伴ったらこれほど強いことはない。

バッティングも、センスがよく、柔軟。

かんたには目標が身近にいる。
それは、年の少し離れた大きいお兄ちゃん。
とにかく「兄ちゃんより俺うまいし!」と断言する。
「いやいや、シニアのお兄ちゃんの方がうまいでしょ普通に・・」
と言いたくなるけど、かんたはそれでいい。
かんたの精神的な強さは、兄ほだかくんがいてこそだ。

野球ではとっかん小僧のかんただけど、普段はすごく礼儀ただしくて、クールなところがある。
「お邪魔します!」「こんにちは!」と元気にあいさつでき、仲間も注意できる。

ジュニアの公式戦の後半は、スーパー2年生コンビで1番2番を務め、
見事チームを盛り上げた。
ひいき目でなく、完全に実力でレギュラーを取っているスーパー2年生。

でもでも、上手な子はやっぱり努力しているようです。
ただ、野球がめっちゃ好きだから努力とは思ってないのかな?

スポーツデポの大川さん(元ヤクルトの選手)にも
「どんな小学生でしたか?」と聞いたことがあって
大川さん「とにかく野球が大好きで、毎日友達と野球してたよっ」と言ってました。
母として、毎日素振りをさせることはできても、
心までは支配できないじゃないですか・・・「野球が一番好きになれ!」って言ってなれるもんじゃないし。
けど、なんか安心感はあって、
このまま、フレンズのコーチ陣に教えてもらってれば、
きっと野球大好きなままおおっきくなってくれるんじゃないかなって思うんです。
30、40、50、60才になっても野球大好きおやじたちがいて、
それを支えるめっちゃ元気な母たちがいて、
それを見て育ったら、自然とそうなっちゃうんじゃないかな?と。
また、そうなってほしいなと、心から思います。
好きなことができることほど幸せなことってないですからね!!
まとまったかな?

次回は、今年度の成績発表→
猛打賞・最優秀投手賞・敢闘賞・皆勤賞などなど・・・栄光は誰の手に??
お楽しみに~




スポンサーサイト
プロフィール

momomojikan

Author:momomojikan
厚木市三田フレンズJr.応援ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。