スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにライバル決戦!フレンズB対ニューウエーブB

ついにライバル決戦!フレンズB対ニューウエーブB
何度も雨天のため延期になったこの試合。皆本当に楽しみにしていました!いよいよ開戦!結果はいかに??

試合リポート長らくお待たせいたしました。
詳細は以下の通りです
----------------------------------------------

6月19日(日)及川球場 くもり

試合結果 /  9-5 後攻
            1  2  3      
 
ニューウエーブB    1 2 2  
三田B       3 1 5  


[バッテリー]
【投手】(先発3イニング)飛川せいよう
打者17・奪三振3・安打0・四死球9・投球数73
【捕手】遠藤ゆうた

【打順(学年)/守備】

1.遠藤ゆうた(2)/捕手
2.山口かい(3)/中
3.飛川せいよう(2)/投手
4.平井敦也(3)/三
5.村崎らいち(2)/一
6.村沢まさと(3)/遊撃 
7.大蔵たから(3)/右 
8.馬場かいと(3)/二
9.南はづき(2)/左


【初回】
(守備)
せいよう、死球を1つだすが、そののちピッチャー前ゴロと三振2つできっちりおさえる。
(攻撃)
1番ゆうたから。野手のエラーで出塁後2個の盗塁を決め3塁へ。山口かいの内安打により生還。①点目。
山口かいも盗塁2こで3塁。3番のせいようでかいセンター越えヒットで2ベース。かい生還。②点目。
4番あつやのショート前内安打で、せいよう生還。③点目。次のらいち、まさとバットに当たるが、惜しくも野手正面。これで1番から6番まで、全員バットに球が当たっていることになる。ジュニアBチーム恐るべし。打ち始めたら、止まらなくなりそうな予感…。

【2回】
(守備)
最初のバッター、ピッチャーの後方へ飛んだ内安打をショートのまさと、きちんと処理。まさとGREAT☆その後、四球と暴投で2点を許す。ここで、山口監督タイム!をかける。投手せいようのところへ。後で聞いたのですが、監督「大丈夫大丈夫。せいよう、打たれていいんだよ。まだ、負けてないぞ!」と声をかけたそうです。
せいよう、それまで踏ん張って、こらえていた気持ちが、山口監督の優しい声かけで、緩んだ。見ていて心が温かくなりました。山口監督ありがとう☆☆☆
その後三振。
ファーストフライを打たせ、らいちがしっかりキャッチで3アウトチェンジ!
(攻撃)
7番たからから、センター前にきれいなヒット!その後2個の盗塁。たからGREAT☆④点目。

【3回】
(守備が光る!)
四死球で3人ランナーを出すが、いずれもホームでタッチアウトにした!GREAT☆☆☆
すごいぜジュニアB!
(打線、ついに爆発!!⑤点ルールでやっつけた)
3番せいようから始まる。
せいようライト越えヒットで2ベース!GREAT☆
3番あつや、サード方向の内安打によりせいよう生還。⑤点目。
5番らいちセンターをはるかに超えた特大ヒット!GREAT☆2ベースであつや生還。⑥点目。
6番まさとの内安打でらいち、3塁へ。捕手のパスボールで、ホームへ生還!⑦点目。
7番たから、四球を選び出塁。その後盗塁1つ。
8番かいと、ファーストゴロで、たからを3塁へ送る。
9番はずき、内安打でたからを返した。⑧点目。さらに自分も生き、2この盗塁を決め3塁へ。捕手のパスボールで生還す。⑨点目。
ここで、5点ルール適用で、攻守交代だが、時間制限いっぱいで試合終了!!!



【勝手にMVP】
飛川せいよう投手としても打者としても共にトリプルA

村崎らいちでかいの1発!守備でもみせた!
南はづき最後さよならヒット!GREAT☆



総評


フレンズジュニアBチームには、毎試合驚かされる。試合ごとに成長が著しい。
光カップが始まったばかりの頃は、1アウトも取れず、攻守交代になることが当たり前だったのに、今はきっちり守備をして確実にアウトを取る。なにしろ野球になっているところがすごい。普通はあれぐらいの学年だと、守備のW・トリプルエラー、送球ボールがコロコロあっちへいったりこっちへいったりしてもおかしくない。スコアラーは球の行き先を追いかけるのが本当に大変なはずが、今のBチームはそうでなくなった。

投手のせいようは角度のあるストレートを投げるようになった。1つもヒットを許さなかった。
捕手のゆうた、ホームで3つアウトを取ったり、低めが多くなったら、立って高めを要求したり、本当に捕手の仕事を楽しんでいる。
野手は皆でアウトカウントを確認するなど、当たり前にできている。体に身についてるかんじ。

練習試合で何度かニューウエーブBと対戦していた。
ライバル対決でもあり、ジュニアBの決勝戦でもあったこの試合。
一番際立っていたのが、バッティングだ。
今回の試合で、ナイン全員がバットにボールを当て、さらに野手のどこかに転がした。
ほぼ全員に打点が付くという偉業を達成している。
どうしてこんなにみんな打てるのか?

前回試合で、Bチームの山口監督&馬場コーチ&岩井コーチは「1点でも取ったらアイスを皆に買ってやる!」と、もので釣る作戦が成功しました。では今回は何で釣っているの?と聞くと、
今回は「これに勝ったら’優勝’だ!」ということでした。
それで・・・
試合後、会場を後にするフレンズBたち、
♪優勝~ゆうしょ~ ゆ~うしょ~
と歌いながら帰っていました。
なんともかわいらしい姿でしたよ。
後で、グラウンドに戻ったら
「僕たち優勝したんだ!」と張り切って教えてくれました!

今のこの気持ちを忘れないで。。。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

momomojikan

Author:momomojikan
厚木市三田フレンズJr.応援ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。