スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!ジュニア優勝!厚木杯争奪親善試合2012

優勝おめでとう!

第22回あつぎ鮎祭り 厚木杯争奪親善学童軟式野球大会(ちびっこの部)(1年生~4年生)は厚木の軟式野球チームに加え、県央地区、横浜などから名立たる有名クラブチームが32チーム参加し、優勝カップを争奪しました。そんな中で三田フレンズジュニアチームが、優勝カップをみごと勝ち取ったのです。我が三田フレンズのジュニアが厚木杯で優勝したのは初めてのことだそうです。(馬場代表より)
イエロースネークス(座間)、長谷スポーツ少年団(厚木)、決勝では鴨宮コンドル(小田原)などの強豪チームに接戦ののち勝利。ジュニアチームの勝負強さを感じることができました。

今晩は、三田の台湾料理店で祝勝会をしました。
とっても盛り上がり、また感動もありました。
4年生一人ひとりあいさつし、とても誇らしかったです。(保護者会会長のあいさつ引用)

キャプテン「がく」のあいさつ
「監督、コーチ、お父さん、お母さんのおかげで優勝できました。ありがとうございました。」
他の4年生もみな、あいさつを始めると、涙しました。
一生懸命頑張ったのが伝わって、こちらももらい泣きです。

志村ジュニア監督の言葉も、さすが野球人..と思いました。
「この勝利に甘んじることなく、この強さを保持できるように、またみんなで練習がんばろう!」

難波1軍監督
「ジュニアも1軍も隔たることなく、三田フレンズみんなで、この喜びを分かち合いたい!おめでとう!」

もっとも古株の平井コーチ
「今日はもう一言だけ!おめでとーーーーー!」
※その直後、渡部1軍ヘッドコーチが、平井コーチのあいさつを盗んで、皆をずっこけさせました。

ジュニアコーチ陣は、野球の1も2もわからないちびっこをまとめるだけで大変だと思います。
けれど、「この優勝が、僕たちのご褒美です」とおっしゃるコーチの言葉にぐっと来ました。

メッモておけば良かった。もっとたくさん良い言葉を聞いたのに、ざっくりですみません。

いつもクールでかっこいいパパも、今日は特別にオオトラで、皆の笑いを誘いました。

☆三田フレンズの歴史がまた一つ塗り替えられました!!
おめでとう!優勝!
本当にすごい!!!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

momomojikan

Author:momomojikan
厚木市三田フレンズJr.応援ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。